RSS 2.0ATOM

[ステージ] 5/14『市民講座 みんなで考えよう。がんって、なに?私ががんになったら』出演

西宮市にお邪魔します!

5月14日(日)中井貴惠が兵庫県西宮市に伺って、
『市民講座 みんなで考えよう。がんって、なに?私ががんになったら』に、
参加させていただきます。


「ゆきちゃんとみんな」~大事な人が重い病気になったとき~という絵本の朗読、
それに、主催のアットホームホスピスの代表・吉田利康さんとの対談です。


お近くの皆さま、お時間ありましたら、
是非、お誘い合わせの上お越しください。

『市民講座』
みんなで考えよう。がんって、なに?「私ががんになったら」


日程:2017年5月14日(日)
   

場所:西宮フレンテホール(フレンテ西宮5階)
   兵庫県西宮市池田町11-1
   *JR西宮駅南口より徒歩1分


時間:13:00開場 13:30開演(16:15終了予定)
   *中井貴惠は第1部(13:30〜14:30予定)のみの出演となります。
   *第2部は、がんを経験された方、その身近な方たちに、
    医師の皆さんも参加してのフォーラムです。


料金:参加費¥2,000(高校生以下無料)


チケットお問い合わせ:NPO法人アットホームホスピス
           0798-65-2201


[ステージ] 7/1『大人も子供も絵本の世界へようこそ 2017』開催!

中井貴惠が代表をつとめ、1998年の活動開始以来、
仕掛けたっぷりの大型絵本と、生の音楽をつけた独特の読み聞かせを、
幼稚園、小学校や小児病棟などで上演し、
既に1200回以上の公演回数を誇る『大人と子供のための読みきかせの会』

2017年の特別企画が決定しました!


~ご挨拶~
このたびアンコール特別企画として「ちいちゃんのかげおくり」と
「だいじょうぶだいじょうぶ」の2作品を上演することにいたしました。


この2作品は皆様から「もう一度見たい」というお声をたくさんいただいた作品です。
戦争の悲惨さと平和であることの大切さを描いた「ちいちゃんのかげおくり」(あかね書房)は、
長きにわたり沢山の人たちに読まれているあまんきみこさんの代表作です。
またおじいちゃんと孫の男の子の物語「だいじょうぶだいじょうぶ」いとうひろし作(講談社)は、
遠TONE音のメンバーであるギターの曽山良一さんを札幌からお迎えして、
いつもとひと味違う特別バージョンでおとどけいたします。
大型絵本と朗読そして音楽による私たちの絵本の世界をどうぞお楽しみください。


大人と子供のための読みきかせの会 代表 中井貴惠


『大人も子供も絵本の世界へようこそ 2017』
中井貴惠 with 大人と子供のための読みきかせの会

日程:2017年7月1日(土) 

会場:スクエア荏原 ひらつかホール
   品川区荏原4-5-28
   東急目黒線「武蔵小山」東急池上線「戸越銀座」「荏原中延」徒歩10分


時間:
A公演 13:30開場 14:00開演
B公演 16:30開場 17:00開演


料金:大人3000円 子供1500円(小学生まで)  
※3才以下無料 お子様は大人ひとりにつき1名とさせていただきます。
 お席のご用意はありませんので、保護者の方のお膝でご覧ください。


チケット:4月24日(月)より発売開始!  
[Web予約]
オンザフィールド WebShop
カンフェティ 
[電話予約]
・オンザフィールド
 050-5525-1493(平日11:00〜18:00)
・カンフェティ
 0120-240-540(平日10:00〜18:00)


出演:大人と子供のための読みきかせの会

朗読:中井貴惠
ピアノ:荒井泰子
ピアノ:高槻真理子
尺八:三塚幸彦(遠TONE音)
ギター:曽山良一(遠TONE音)
箏:小野美穂子(遠TONE音)
大型絵本制作:平野知代子 宗佳代子
    照明:加藤悦子


<第一部>
「ちいちゃんのかげおくり」あまんきみこ作(あかね書房)
~休憩15分~
<第二部>
「だいじょうぶ だいじょうぶ」いとうひろし作(講談社)


主催:大人と子供のための読みきかせの会
制作:オンザフィールド
協力:あかね書房・講談社・ポプラ社

お問合せ:オンザフィールド 050-5525-1493(平日11:00~18:00)


Otona%2BKodomo_F1_web.jpg

[メディア] 『大人と子供のための読みきかせの会』ホームページリニューアル!

中井貴惠が代表をつとめる、
『大人と子供のための読みきかせの会』のサイトをリニューアルいたしました!


作品の紹介や公演の概要が見やすくなり、
オリジナルCDもぐっと購入しやすくなっています!


新しく生まれ変わったサイトを、ぜひご覧ください!
大人と子供のための読みきかせの会 公式サイトはコチラから!!


Facebookのページも新たに開設致しました。
こちらにもぜひ「いいね!」をお願い致します!


『中井貴惠 with 大人と子供のための読みきかせの会』公式サイト
 http://konsuke.com
『中井貴惠 with 大人と子供のための読みきかせの会』Facebook公式ページ
 https://www.facebook.com/yomikikasenokai/

[ステージ] 4/14_15 豊川稲荷で「東京物語」「秋刀魚の味」を上演!『小津日和』の開催決定!

豊川稲荷 東京別院での再演決定!

小津安二郎監督と家族ぐるみの交流があり、
幼い頃に、監督から孫のように可愛がられた中井貴惠が、
小津安二郎監督作品の脚本を、ジャズピアノの伴奏と共に朗読する、
音語りの「小津安二郎映画を聞く」シリーズ。


2009年に「晩春」を上演したのち、「秋日和」「東京物語」「お早よう」
「秋刀魚の味」の合わせて5作品を創りあげ、各地で大好評を得ています。


今回は『小津日和』と題して、小津監督の代表作であり公開から50年以上を経ても、
世界的に評価の高い名作「東京物語」。
監督の遺作でもあり、中井貴惠の父・佐田啓二が出演。音語りという形で、
親子が共演する「秋刀魚の味」を、豊川稲荷の稲荷会館で上演!

----------------------------------------------------------------------------------------
4月14日(金)
第1部:「老いの流儀 小津安二郎の言葉」などの著作がある、
    文筆家の米谷紳之介氏との小津映画を中心に昭和の映画について対談。


第2部:音語り『東京物語』公演
   < ~あらすじ~ >
   力強い復興を始めた反面、戦争の爪痕が色濃く残る日本の姿を、
   普遍的な「家族愛」とともに淡々とそして感動的に描き出した小津安二郎監督の代表作。
   英国映画協会が世界の映画監督358人に行ったアンケートで、
   最も優れた映画の1位に選出されるなど、
   現在でも世界的に高い評価を得ている作品。

----------------------------------------------------------------------------------------
4月15日(土)
第1部:小津映画の音楽を多数担当した斎藤高順氏の次男、
    斎藤民夫氏と小津映画の音楽について対談。


第2部:音語り『秋刀魚の味』公演
   < ~あらすじ~ >
   妻に先立たれ、家事一切を娘の路子に頼っている平山。
   同窓会に出席した夜、恩師を送った彼は、
   やもめの父の世話に追われ、婚期を逃がした恩師の娘の姿を
   目の当たりにして、路子の縁談を真剣に考えるようになる…。
   価値観が大きく変わっていく世の中で老いを迎え、
   深い孤独を感じながらも、ひたむきに生きる人々の姿を、
   喜劇的に描き出した小津安二郎監督最後の作品。

----------------------------------------------------------------------------------------


豊川稲荷 小津日和
~小津安二郎映画を聞く~


日程:2017年4月14日(金)
   「音語り | 東京物語」
   2017年4月15日(土)
   「音語り | 秋刀魚の味」
   

場所:豊川稲荷 東京別院 稲荷会館2F 法輪閣
   東京都港区元赤坂1-4-7
   東京メトロ銀座線/丸ノ内線「赤坂見附」B出口 徒歩5分
   東京メトロ半蔵門線/南北線「永田町」7番出口 徒歩5分


時間:13時開場 14時開演(16時終演予定)


料金:¥4,000(全席指定)
*全て椅子席となります。
*送料はチケット1枚につき¥100とさせて頂きます。
*「稲荷会館」の日本間をお借りした特設会場です。
 座席の配置には細心の注意を払っておりますが、
 建物の構造上舞台がやや見えにくい場合がございます。
 また、お履物は入口でお渡しする靴袋をご利用頂き、お席までご持参下さい。
 皆様のご理解とご協力をお願い致します。
*車椅子のお客様は、ご注文時「備考」欄で、その旨をお伝えください。

       
構成:第1部 中井貴惠とゲストとのミニトークライブ
   第2部 音語り本編
   *休憩15分予定


出演:中井貴惠(朗読) 松本峰明(ピアノ)
トークゲスト:14日 米谷紳之介(文筆業/鉄人ハウス主宰)
       15日 斎藤民夫(サイト&アート・デジタルアーカイブス代表理事)


チケット販売発売中!
[電話]
・オンザフィールド 050-5525-1493(平日 11:00~18:00)
・カンフェティ 0120-240-540(平日 10:00~18:00)
[Web]
オンザフィールドWeb Shop
カンフェティ
e+(イープラス)


総合お問合せ:(株)オンザフィールド
        050-5525-1493(平日11:00~18:00)




*公演は終了致しました。ご来場ありがとうございました!

[ステージ] 1/29 『朗読劇 あん』を早稲田大学の大隈記念講堂で再演!

世界ハンセン病デー特別企画
朗読劇 あん
~誰にも生まれてきた意味がある~


ドリアン助川氏の人気小説「あん」を、
原作者本人と中井貴惠が朗読作品に仕上げた「朗読劇 あん」。


2015年6月のポプラ社コンベンションホールでの初演以来、
全国各地で大好評を博している公演を、
中井貴惠・ドリアン助川の母校、早稲田大学で再演します!
ハンセン病に関するシンポジウムと併せて、じっくりとお聞きください。


早稲田大学 大隈記念講堂ロビーにて、
日本財団フォトグラファー富永夏子写真展
『ハンセン病を考えることは、人間を考えること』も開催!


世界ハンセン病デー特別企画
朗読劇 あん
~誰にも生まれてきた意味がある~

日程:2017年1月29日(日)
時間:開場14:00 開演15:00

会場:早稲田大学 大隈記念講堂
   東京都新宿区戸塚町1-104
   ・東京メトロ 東西線
    「早稲田駅」3a出口 徒歩5分
   ・都営バス(学02:高田馬場~早大正門間)
    「早大正門」バス停 すぐ

料金:¥2,500(全席指定)

出演:1部 シンポジウム ハンセン病問題支援学生NGO 橋-Qiao 他
   2部 朗読劇 あん 中井貴惠(朗読) 
           ドリアン助川(朗読)
           ピクルス田村(ギター)


チケット販売(2016年11月7日より発売開始!)
[電話]
・オンザフィールド 050-5525-1493(平日 11:00〜18:00)
・カンフェティ 0120-240-540(平日 10:00〜18:00)
[Web]
オンザフィールドWeb Shop
カンフェティ
e+(イープラス) 

主催:オンザフィールド  
協力:早稲田大学文化推進部 / 早稲田大学 平山郁夫記念ボランティアセンター /
   日本財団 / ポプラ社 / エレファントハウス


原作:「あん」 ドリアン助川/著 出版社:ポプラ社
脚本:ドリアン助川 音楽:ピクルス田村
照明:一布祐三 音響:髙山智浩  
ヘアメイク:野坂朱子 スチール:升谷玲子 デザイン:丸田滋夫
舞台監督:大山秀雄
制作:北原葉子


総合お問合せ:オンザフィールド 
       050-5525-1493(平日11:00~18:00)




*公演は終了致しました。ご来場ありがとうございました!

[ステージ] 10/21.22 北鎌倉円覚寺『小津安二郎映画を聞く「音語り|秋日和」』

秋の鎌倉で音語り公演


小津安二郎監督と、父・佐田啓二が眠る円覚寺を会場に、
北鎌倉・円覚寺境内「方丈」で上演する中井貴惠の音語り公演。


鎌倉芸術祭参加7年目となる今年の演目は『秋日和』。
原作の映画に出演している父・佐田啓二の役を、
娘・中井貴惠がどう演じるかも見所のひとつです。


秋の円覚寺で、朗読(中井貴惠)とピアノ(松本峰明)が
織りなす「音語り|秋日和」をご堪能ください。


第1部では、映画「秋日和」のプロデューサーであり、
音語り小津監督シリーズの脚本も手がける元・松竹の山内静夫さんと中井貴惠が、
撮影当時の貴重なエピソードや小津監督の思い出など、
他では聞く事の出来ないトークをお届けします。


< 「秋日和」のあらすじ >
 亡き友・三輪の七回忌法要で顔を合わせた間宮、田口、平山は、
美しく成長した三輪の娘アヤ子に縁談を勧めるが、母秋子が一人になる事を気遣って、
アヤ子は笑ってごまかすばかりだった。アヤ子の縁談を実現するために、
間宮は秋子の再婚を画策するが、思惑とは裏腹に話がこじれ、
アヤ子の親友、百合子も巻き込んでの騒動になってしまう…。


初老の男性達の助平心をとぼけた遣り取りで上品に描きながら、
母娘の愛情を心に沁み入る優しさで描き出した里見弴の傑作を、
見事に映画化した作品です。(1960年松竹映画)


第11回鎌倉芸術祭参加
小津安二郎映画を聞く ~音語り | 秋日和~


日程:2016年10月21日(金)
   2016年10月22日(土)


場所:円覚寺境内「方丈」
   神奈川県鎌倉市山内409
   JR北鎌倉駅徒5分
(円覚寺総門までは、駅より徒歩1分)


時間:13時開場 14時開演(16時終演予定)


料金:¥4,000(全席指定 / 円覚寺拝観料含む)
*全て椅子席となります。


*チケット残り僅か!
 [電話予約]
 ・オンザフィールド
  050-5525-1493(平日11:00〜18:00)


*当日12:00より、円覚寺正面の「総門」を入って右側に、
 本公演の受付を設置致します。チケットのご提示をお願いします。
*「方丈」には13:00からお入りいただけます。それまで、
 広大な円覚寺境内の散策をお楽しみください。
*「方丈」の日本間をお借りした特設会場です。
 座席の配置には細心の注意を払っておりますが、建物の構造上、柱や欄間などで
 舞台がやや見えにくい場合がございます。
 また、お履物は入口でお渡しする靴袋をご利用頂き、お席までご持参下さい。
 皆様のご理解とご協力をお願い致します。
*車椅子のお客様は、ご注文時「備考」欄で、その旨をお伝えください。
*チケットには拝観料が含まれておりますが、他の拝観優待との併用はできません。

       
構成:第1部 小津安二郎の思い出を語る
   第2部 音語り「秋日和」


出演:中井貴惠(朗読) 松本峰明(ピアノ)
   山内静夫(第1部トークゲスト)


総合お問合せ:(株)オンザフィールド
        050-5525-1493(平日11:00~18:00)



*公演は終了致しました。ご来場ありがとうございました!

[ステージ] 10/21-22 『「音語り|秋日和」& 北鎌倉散策 ミニツアー』

10月21日(金)・22日(土)に、北鎌倉・円覚寺「方丈」で上演する、
『小津安二郎映画を聞く「音語り|秋日和」』のチケットと、
同行ガイドの案内で名刹を巡る散策にお食事が付いたミニツアーが開催されます!


10月21日(金)は、『音語り 秋日和 & ぽけかるガイドがご案内する鎌倉散策』を、
ぽけかる倶楽部さんが開催!


10月22日(土)は、『鎌倉散策ツアー 第11回鎌倉芸術祭参加 〜小津安二郎映画を聞く〜』を、
小田急まなたびさんが開催!

両日とも、北鎌倉駅に集合して、ガイド同行での散策、
小津監督の命日に、ご縁のある方が集う「小津会」の開かれる、
鉢の木でお食事の後、円覚寺で音語り公演をご覧頂きます(現地解散)。
秋の鎌倉を満喫してから味わう「音語り公演」は格別です。


時間や料金、お申込み方法など詳細につきましては、
下記までお問い合わせください。

10月21日(金)開催
ぽけかる倶楽部
 03-5652-7072(9:00~18:00)

10月22日(土)開催
小田急まなたび
 0570-550-698


新しい形で、中井貴惠の公演をお楽しみ頂ければ幸いです。
この機会に是非!




*公演は終了致しました。ご来場ありがとうございました!

[メディア] 9/27 テレビ朝日「徹子の部屋」出演!

黒柳徹子さんが司会の人気番組(テレビ朝日系列24局ネット)、
『徹子の部屋』に出演します!


久々にご一緒した黒柳さんとの遣り取りは今回も必見です!
気心が知れた二人は、2月に旅立った母・益子と父・佐田啓二のこと、
小津安二郎監督のことなど、話題が多岐に渡ります。
10月21日(金)22日(土)の両日、小津監督と両親が眠る、
北鎌倉・円覚寺で開催の『音語り | 秋日和』公演についてもお話させて頂きました。


放送予定:2016年9月27日(火)
     12:00〜12:30
     *放送内容は変更になる場合があります。


今回もギュッと中身が詰まった内容です。
是非ご覧下さい!



*放送は終了致しました。ご覧いただきましてありがとうございました。

[ステージ] 12/4 朗読劇「あん」熊本公演(熊本人権フェスティバル参加)決定!

朗読劇 あん
〜誰にも生まれてきた意味がある〜


朗読劇「あん」を九州で初上演致します!


ドリアン助川氏の人気小説「あん」を、
原作者本人と中井貴惠が朗読作品に仕上げ、
大好評を博している『朗読劇 あん』の熊本公演が決定しました!


〜 ドリアン助川 〜
生をまっとうするとは、どういうことなのか。
逆境を生き抜いた女性を主軸に据えた物語ではありますが、
「あん」を描くにあたって心を砕いたのは、生きることへの
普遍的な問い掛けに対するひとつの思いの提示です。
朗読の第一人者である中井貴惠さんと原作者である私が、
語りだけでお届けする「あん」は、声にならない部分も含めて、
命あるものたちの言葉に満ちています。
透明なその言葉を、どうぞ聴きにいらして下さい。


〜 中井貴惠 〜
私のもとに送られてきた
かわいらしい装丁の「あん」という小説。
いっきに吸い込まれるように読んだ。透明感のある文章。
そこに生きる人たち。
久し振りにすがすがしい読後感に満たされた。
あっという間にこの小説が映画になった。
実は映画化が決まる前に「一緒に朗読劇にしませんか」と
原作者であるドリアンさんから声をかけていただいた。
「誰にも生まれてきた意味がある」そんなテーマを
美しい言葉で表現できたらと思っている。


〜 物語 〜
線路沿いから一本路地を抜けたところにある、
小さなどら焼き店「どら春」。
千太郎が日がな一日鉄板に向かう店に、
アルバイトの求人をみてやってきたのは
70歳を過ぎた女性・吉井徳江だった。
徳江のつくる「あん」の旨さに舌をまく千太郎は、
彼女を雇い、店は繁盛しはじめるのだが……。
偏見により社会から締め出されてきた徳江が、
千太郎に伝えたかった「生きる意味」。
深い余韻が残る、現代の名作。


熊本県人権フェスティバル
朗読劇 あん
〜誰にも生まれてきた意味がある〜


日程:2016年12月4日(日)
時間: 朗読劇開演14:25(イベントは13:00開会)


会場:熊本テルサ 1階テルサホール
   熊本県熊本市中央区水前寺公園28-51


出演:中井貴惠 ドリアン助川
   ピクルス田村(ギター)


参加ご希望の方は、下記までお申し込み下さい。
*定員になり次第の受付締切となります。
料金:入場無料(要予約)


*受付開始10月3日(月)
 [応募方法]
 ・ハガキ/FAX
  郵便番号、住所、氏名、電話番号、参加希望人数(1件につき2名まで)、
  このフェスティバルを知ったきっかけを記入の上、下記宛にお送りください。
  〒862-8570(住所記載不要)
  熊本県人権同和政策課
  人権フェスティバル係
  FAX 096-383-1206
 ・Web
  熊本人権センターホームページ
*オンザフィールドWebShopでのチケット取扱はありません


原作:「あん」 ドリアン助川/著 出版社:ポプラ社
脚本:ドリアン助川 音楽:ピクルス田村
舞台監督:大山秀雄
制作:北原葉子


主催:熊本県・熊本県人権啓発推進協議会・熊本県人権啓発活動ネットワーク協議会

問合せ:熊本県人権同和政策課(熊本県人権センター) 
    096-333-2299
    〒862-8570
    熊本市中央区水前寺6-18-1(熊本県庁新館2階)




[ステージ] 10/1『大型絵本』が初めて四国に上陸!大人と子供のための読みきかせの会・高知公演

大型絵本が四国に初上陸!


中井貴惠が代表をつとめる「大人と子供のための読みきかせの会」が、
初めて四国に上陸!高知県で公演をいたします!!


香南市立野市小学校一日参観日の課外授業として、
その児童と保護者のために行われる公演ですが、
一般の方のお席もご用意いたします。


観覧ご希望の方は、下記の連絡先まで必ずお申し込み下さい。
*定員になり次第締め切らせていただきます。


会場:のいちふれあいセンター サンホール
   高知県香南市野市町西野534-1
日程:10月1日(土)
時間:午前の部 11:00開演
   午後の部 13:30開演
   *両公演とも30分前に開場


上演作品:「おかあちゃんがつくったる」


料金:入場無料(要予約)
   *当日受付にて入場整理券を配布します


<申込・問合せ先>
[電話]
香南市立野市小学校(教頭:明石先生)
0887-56-0316(平日 8:00〜17:00)
[FAX]
0887-57-1228

お近くの方は、是非!


*公演は終了致しました。ご来場ありがとうございました!