« 2011年12月 | メイン | 2012年02月 »

2012年01月 アーカイブ

興奮さめやらぬお母さん

2012年01月25日 (水)

1月24日は記念すべき日となりました。
そう、東京に大雪!
お庭の雪をまずはひとっ走り。うーーーん雪大好き!

そしてこうやって雪をなめます。おいちい!


そんな日、お母さんはもう昼過ぎからそわそわ・・。そう、今日は
これを見に行く日だったのです。

41年前、武道館でこの日に解散したザ・タイガース。
ザ・タイガースはお母さんたちの青春そのもの。そう、まさにグループサウンズ世代なんです。お母さんはピーの大ファン!なにせ41年ぶりにピーの姿を見ることができるとあってもう本当に楽しみにしていました。

それではここからいまだ興奮さめやらぬお母さん本人にバトンタッチしますのでお母さんから昨日のコンサートの報告を!

お母さんです。
いつもジャスミンのブログをご愛読いただき本当にありがとうございます。ジャスミンがあまりに興奮している私を見て今日だけは自分でブログを書きなさいというので私が今日は書くことにします。
昨日の沢田研二さんのライブはそれはそれは特別なものでした。
まずは「ジュリーすてきな時間をありがとう!」
まるで夢を見ているような2時間半でした。
私たちの青春そのものだったザ・タイガース。昨日はトッポが参加しなかったのでこの名前は封印されていましたが、それでも4人が並んでいるとやっぱりザ・タイガース!
メンバーはみんな60才を過ぎ髪も白くなり、体型も少々変わり?!(でもピーは昔のままだったぁ~!)確実に何十年という時は経ったのだけど、武道館に集まった12000人の人達がみんな幸せな時間を過ごせたってこれってすごいことだと思います。
サリーのベースもピーのドラムも、何十年も楽器から離れていたとは思えないほどプロでした!かっこよかった~!
途中、シローがでてきて歌を歌ってくれたときはもう涙ぽろぽろでした。
いろんなことがあっても昔の仲間が温かく迎えて、その中には彼のお兄さんもいて、病気のあと身体が不自由になったけど澄んだ歌声は変わっていませんでした。
「花の首飾り」「銀河のロマンス」「青い鳥」「シーサイドバウンド」・・・・懐かしい曲が次々と流れ、どの曲もしっかり歌えちゃう自分にびっくり!
久しぶりに心も身体も満足のコンサートでした。
「本当に良い時代に育ったなぁ」とまたまた思った私。こんな風に「私の青春」といえるアイドル?がいるって幸せなことだなって思いました。
トッポも加わってこんどは正真正銘の「ザ・タイガース」を聞くことができる日を夢みています!!
お母さんより

最後にお母さんからまたバトンタッチしてジャスミンです。
昨日のお母さんの興奮ぶりはまさにこんな感じでした!


歌手への憧れ・・・

2012年01月22日 (日)

このところお母さん歌手の人達とお仕事が続きました。
去年12月19日は渡辺真知子さんと。
そして今年1月19日には叶正子さんと。
真知子さんのライブではお母さんは自分で作った絵本「くるみわり人形」を石塚まみさんのピアノで聞いていただきました。この絵本、いせひでこさんの絵を待って待って待って2年がかりで作りました。
いつか音楽と一緒に朗読できる機会があったいいなーーと思っていたお母さんでしたがやっとこのスイートベイジルでデビューの機会に恵まれたというわけです。


(左からまみさん 真知子さん お母さん)

真知子さんの歌は本当にお母さんたち世代にとってはまさにオンタイムで聞いた昭和の名曲。
「♪かもめ~がとんだ~」も「げんざい~かこみらい~♪」も、うわーー生で聞けちゃうの!と興奮するほどの懐かしい曲だったのだそうです。

そして1月19日「Tokyo Story」(内幸町ホール)と題して小津映画「東京物語」に叶正子さんの歌とお母さんの朗読という全く違った角度からアプローチするという試みでした。
正子さんはみなさんご存知、日本を代表するコーラスグループ「サーカス」のメンバーのお一人。

サーカスの歌もお母さんにとっては真知子さんの歌同様子守歌??のような楽曲ばかり!(お母さん、実は、このお二方の曲、自分が子供のころ聞いていた歌だと思っていたらしいのですが、なんと真知子さんともサーカスともデビューがほぼ同年であったことがわかり「え?」と。まったくどういう自分に都合の良い勘違いでしょう)

この日は第一部を正子さんが「歌」で映画「東京物語」の上映された昭和28年当時を表現。
「東京の屋根の下」「テネシーワルツ」「カモナ・マイ・ハウス」など本当に「昭和」という楽曲を熱唱。
そして二部では映画「東京物語」を「朗読」で聞いていただいたというわけです。
一部二部とも伴奏は松本峰明さん。峰明さんすごい!なんでも弾いちゃう!!!
これはステージ終了後の二人。


ちょっとはめはずしすぎ???

両方のステージ終了後、お母さん「いいなぁ歌♪!歌手になりたーーい」と・・・。
・・・あの・・どうぞ・・・カラオケで一人で歌ってください!。

真知子さん 正子さん まみちゃん(うわ!MMMだ!)
ありがとうございましたーー。また一緒に・・・一緒に・・とお母さん言ってます。
ご来場くださった皆様本当にありがとうございました。お母さんに成り代わり御礼申し上げます。ワン!

雪のメッセージ

2012年01月02日 (月)

昨年末、「ふるさと再訪・札幌の旅」に行ったお母さんと大姉ちゃんから2012年の雪のメッセージです。

これなにの形に見えますか?

雪の上に寝っ転がって足と手を上下にパタパタを動かしてそっと起き上がるとこんな風に雪の上に天使のような形ができます。
名付けて「snow angel スノーエンジェル」大姉ちゃん作です。

そしてこちらも大姉ちゃん作の「中井家の肖像」??

ちょっと大姉ちゃん、わたしがいなじゃないのーー。
この二人、昔住んでいた円山西町を訪れすっかりふるさと気分を満喫。
懐かしい町で懐かしい人にあっておいしいものをたべてすっかりリフレッシュしたようです!
わたしもいってみたなー。

あけまして!

2012年01月02日 (月)

明けましておめでとうございます。
2012年が始まりました。
みなさんどんな新年をお迎えでしょうか?
わたしは相変わらず元気でここ中井家のみんなと2012年を迎えました。

あ、この私と一緒にならんでいるきれいな三色のは「綿飴」
です。犬用ではありません。きれいな色なので一緒に記念写真を撮りました。

中井家はカナダ組の大姉ちゃん、小姉ちゃんが帰ってきていまとっても賑やかです。
この二人、温かい東京の冬を楽しんでいます。
朝のコーヒータイムはなぜかいつも屋根の上です。

長い影法師で遊んでいます。
ここはちょっと危ないのでわたしは近くには行かれません!

お母さんは元旦から帝国ホテルで音語りのお仕事。宿泊のお客様に「東京物語」をきいていただきました。
メイクのAKANEさんと支度中に震度4の地震!

ホテルの6階はかなり揺れました。
「なんか元旦からへこむなーーこんな地震があると・・」とお母さん言っていましたが、311で学んだ教訓を生かして、これから地震国に生きる我々は生きていかなくてはなりませんね。

これは相変わらずのお母さんのおせち料理ですが、今年は「たたきごぼう」と「田作り」が
イタリアン風に変わりました。
「たたきごぼうのマリネ」と「ガーリックとオリーブオイル味の田作り」
これが人気で、これから中井家のおせちの定番となりそうです。
わたしも特別に松かさ焼きのきれはしをお祝いで食べました!


それではどうぞ今年も中井家のみんなをわたしがお世話していきますのでどうぞよろしくお願いいたします。ワン!