« 2010年09月 | メイン | 2010年12月 »

2010年11月 アーカイブ

またひとつ・・・・・

2010年11月30日 (火)

11月27日。
めでたく、おかあさんと小姉ちゃんがお誕生日を迎えました。
そうなんです、この二人、まったく同じ誕生日なんです。
予定日は12月にはいってからだったのに、なぜかお母さんと同じ日に生まれた小姉ちゃん。しかも干支も血液型もこの二人は一緒。
不思議ですよねーーー。
毎年盛大に一緒にお祝いをしているのですが、小姉ちゃんがトロントにいってからはなんだかお母さん一緒にお祝いできなくて寂しそう。

今年お母さんは誕生日に水戸で「あらしのよるに」の音語り公演がありました。
スタッフからサプライズで公演の最後に、峰明さんの伴奏で、会場のお客さんがみんなでハッピーバースデー♪を歌ってくれたとか!おかあさん、大感激でした。

お客さんのいなくなったステージでスタッフとパチリ!
そして翌日、総勢15人の大誕生会がひらかれました。
実はもう一人。奇遇なことに11月27日生まれの大友人S氏がいます。
彼はお母さんと生年・月・日そしてこれまら血液型まですべてが一緒という本当にびっくりの人!
お母さんはいっつも「占いとかみるとS氏と全く同じなのかなーーと思うと、ちょっとおおお」と言っていますが!!あはは!!!あっちもそう思ってるよねーー。
この数年11月27日はお母さん、小姉ちゃん、S氏の3人でいつもお祝いをしてきたのですが、この日はトロントの小姉ちゃんとスカイプをつなげてろうそくをふーーーぅ!

50をすぎてもろうそくを吹き消すのは嬉しいみたいですねーーー!
きれいなお花もいただいて、お祝いしてくださったみなさんありがとうございました!


クリスマスリース

2010年11月24日 (水)

早いものでまたクリスマスリース作りの季節となりました。
お母さん、この数年、ずっとクリスマスリースを手作りしてきました。
今年は、港南台にあるC先生のアトリエにて制作!

今年はテーマカラーを紫にして、「紫式部」という花?実を使いました。


もみの木のとても良い香りがして生のリースはやっぱりいいですね。
さっそく家の玄関に飾りました。
はい、私もポーズ!

あっという間に11月も終わりそうですね。

飛鳥Ⅱに乗ってきました!その2

2010年11月20日 (土)

さてさて、なんとか一夜明部屋のカーテンを開けてベランダに出ると、こんな風景が!

こんな風にたくさんの船とも行き交うのですが、このご時世か「??中国漁船!!」なんて思ってしまったお母さんらしいです!
でも、とにかくお天気に恵まれて海も穏やかで、紀伊半島をぐるっとまわり神戸港を目指します。

音語りの2回公演を船内の皆様に楽しんでいただき、公演の合間に操舵室へおじゃましました。
この方が末永船長!かっこいい!
末永船長はこの11月いっぱいで船を降りるそうで、ラストクルーズだそうです。

みなさんが興味があるのはきっと船の中のディナーでは?
そうなんです、ちゃんとドレスコードが決まっていて、フォーマル、セミフォーマル、カジュアル、とその場その場に適した服装が要求されます。
この日のディナーはセミフォーマルでこんな感じ。

こちらは喫茶店。朝はフリーでコーヒーやフルーツがサービスされます。
船内で働くスタッフのほとんどが外国人。450人ものクルーが常に船で働いています。

お母さんはもう一晩、船で過ごして翌朝、8時に神戸港へ。

船内の皆さんは神戸見学を楽しんだあと、飛鳥Ⅱは横浜港まで帰ったのですが、お母さんはここで下船。
とても貴重な2泊3日の船旅でした!
帰ってきたお母さん。「ジャスミン、さすがにあなたの友達は乗ってなかったよーーー」って、それはそうだよね!
今度は外洋に!と夢をふくらませるお母さんでした!

飛鳥Ⅱに乗ってきました!

2010年11月18日 (木)

じゃーーーん!
お母さんが2泊3日の船旅から帰ってきました。

これがお母さんの乗った飛鳥Ⅱです。飛鳥Ⅱは、5万トンの客船。世界一周から国内のクルーズまで各種のクルーズを企画している飛鳥Ⅱですが、今回お母さんが参加したのは「さんしん創立100周年記念神戸クルーズ」。
え?お母さんだけ豪華ネー!神戸までクルーズですか?って
実は違うんです。このクルーズの中のイベントとして、船内で小津安二郎監督の「音語りー秋日和」を上演したのです。
お母さんが乗船したのは清水港。
船とはいえ、豪華客船はまるでホテル。これが船の乗船口です。

入るとまるでホテルのロビーのようにクリスマスツリー!

乗船するとデッキですぐウェルカムドリンクがサービスされて、そして紙テープが手渡されます。港では太鼓が演奏され、そして出港時には花火もあがりいざ出航。


うわーーーーこんな紙テープでのお別れ!まるでドラマのよう!

夕方5時に清水港を出港。いざ神戸港を目指してクルーズが始まりました。
船内にはレストランやショップなどはもちろんのこと、映画館、スポーツエリア、プール、ジャグジー、エステ、と船旅を快適に過ごせるように様々なエリアがもうけられています。お母さんはこんな大きな船に乗ったのも、船で泊まるのも初めて。
「ジャスミン!楽しみだけどちょっと心配・・・」なんて言って出かけました。
清水港を出港するともう夕暮れ。

一晩かけて船は進みます。夕食を終えて部屋に戻っていざベッドに入ってみると、やはり微妙な揺れ!いつもはバタンキューのお母さんもやっぱりちょっと寝付けなかったみたい!
明日のお仕事は大丈夫でしょうか・・・。
次回も船旅の続きをお届けします!