« 2010年06月 | メイン | 2010年09月 »

2010年07月 アーカイブ

指定席   ~トロント便りその2~

2010年07月28日 (水)

日差しは強いトロントですが、何しろ湿気が少なく、外を歩く気にもなるのがこのトロントのよいところ。ここへくると、とにかくよく歩きます。
片道約1時間かけてコリアンタウンまで食材の調達、というのが2日に一度の私の楽しみ。もちろん地下鉄もあるので、それに乗ればもっと近いのですが、なるべくこちらでは歩く!ということをモットーにしています。歩くと町の細部までわかるので、いろいろな発見があって実におもしろいのです。
歩いてみるとわかるのですが、このトロントという町、中心部は実に坂がないのです。だから往復2時間の道もさして苦労なく歩くことができるのかもしれません。
夏、ここに来るといつも思うのが、この街灯につけられているこのブーケのような花、こういうのなんていうんでしょうか?東京にはこういうのあったかしら?きれいだと思いませんか?
私これ大好きです!札幌に住んでいたときも思ったのですが、北国の方が暖かくなると一斉に町に花を植えて、町をきれいに花で飾りますよね。ここトロントも町の中にたくさんの花があふれています。

コリアンタウンにあるPATというマーケットには、おいしい肉や野菜、そしてキムチ、そして鯖やカレイなどの魚がまるごと冷凍になって売っていたり、もちろん日本の食材もそろっているので、ここまで買い物に来る価値は十分あります。
ついついいろいろ買ってしまうと荷物が重く帰りは休憩しながら、とあいなるわけです。
帰り道に必ず通るこのqueen's parkという公園。

このベンチが私の指定席!いつもここでちょっと一服、と腰をおろし、しばしぼーっとしています!
いろいろな人が通って本当におもしろいですよ。

そうそう、こちらはほとんどの店が買い物袋をただでくれません。
do you need bag?とはじめに聞かれ、袋はすべて有料になります。
だから買い物の時にはこんなバックが必ず必要。洋服やさんも袋が有料のところがほとんです。前回、大きな毛布を買ったときも、do you need bag?と聞かれて、えーー、こんな大きなものが入る袋持っている人なんている?と思ったのですが、やはり有料でした!
今日は帰りに撮影隊に遭遇。

道路にいっぱい車が止まっていてかなり大がかりな撮影をしていました。
映画なのかテレビなのかわかりませんでしたが、どこの国も撮影隊の車はなんとなく雰囲気でわかります。


そうそう、これは日本ではなかなかみられないかも。


これ、仮設トイレみたいにみえますけど、車の楽屋です。出演者の名前もちゃんと貼ってあって、このトレーラーに3人分の楽屋。隣の車はメイクアップルームみたいでした。すごいなーーー!

お母さんの、トロント便り

2010年07月27日 (火)

お母さんです。
暑い東京を抜け出16日からトロントに来ています。
蒸し暑い東京から、本当に日差しの強いトロントへ、約13時間の旅は何度来ても長いです・・・。
でもみてください。トロントにはこんな青空が広がりまさに「夏」!
暑いけど湿度があまりないので、かなり楽です。

こちらへ来て東京の日常を逸脱しようと思っていたのですが、サマースクールに通う小姉ちゃんの救援隊としては、ご飯作り、お弁当作り、掃除、洗濯と全く変わらない日常です。
でもせっかく13時間も離れた異国へきたのだから楽しまなくちゃと、トロント滞在では恒例になった語学学校通い、毎日いっぱい歩くこと、東京で日頃食べないものを食べること、東京ではなかなかできないことをやってみることを目標に毎日を過ごしています。

トロントに限らず、北米に来ると必ず滞在中に食べるのが、このハンバーガー。
いわゆるファストフードのハンバーガーでなくレストランで食べるハンバーガーです。
東京ではほとんどたべないのですが、なぜかこちらへ来ると必ず食べます。
この大きさ、このポテトの量、さすがカナダです。
これが結構おいしいのです!


そして、もう一つ。
これはチキンウイングス。鶏の唐揚げにいろいろな種類のソースをからめているものなのですが、中でもハニーガーリックというソースがおすすめ!
お店によって味が少しずつ違うので、あちこちのウイングスを食べています。
テイクアウトもできるので、これまたグッド!

アパートの一階にあるプールから外へでると、誰でもが使えるテラスが屋外にあって、そこにごろんと横になってそびえ立つ高層アパートと青空を写してみました。
あーーー、太陽が本当にまぶしいです。紫外線は日本の7倍とか!

子供たちが大きくなってまさか外国に住むようになるとは・・・、想像もしていませんでした。これからどんな人生を彼女たちは歩んでいってくれるのだろう・・・・とお母さんはトロントの青空を見上げながらしばし子供たちの未来のことを考えたのでした。

あーー、そしてもちろんジャスミンのことも。
ジャスミン暑い東京で元気にしているかい???
もうちょっとしたら帰るから待っててねーーーー。

暑い・・・といいたくなけど・・・・

2010年07月23日 (金)

東京のこの暑さ。
暑さに弱い私としては、もうどうにかしてよ、といいたくなるほど暑いですね。
いくらサマーカットにしてももうだめです!
そうそう、お母さんは大姉ちゃんがカナダから戻ってきてすぐ、乃木神社での古事記の奉納朗読を終え(その節は、ご参会くださった皆様、ありがとうございました!)そのあと小姉ちゃんがサマースクールのため一人残っているトロントへ、救援隊としてでかけていきました。
そう、こういう形態で家族が暮らすのは初めてです。
つまり東京での一切の家事を大姉ちゃんに任せて、お母さんはトロントへ。
えーーー、弱冠20歳の大姉ちゃんにこの家の家事ができるの???
毎日のご飯は私に誰がくれるのーーー?と心配な私です。
でも、お父さん、大姉ちゃん、バーバそして私という、こういう家族構成でなんとか生きています!

みなさん今年の夏はワールドカップサッカーの応援に燃えました?
私もこのいでたちでみなさんに負けず劣らず応援に没頭しました。

どうです、このサムライブルーのTシャツ。実はこれオランダ戦の日に、事務所の北原女史からプレゼントされたものなんだけど、試合のあるたびにこれを着て私も観戦。
あんなに夜中に起きないお母さんがちゃんと3時半に目覚めて、テレビにかじりついていたのにはびっくりでした。
さてさて、そういえば、7月18日19日にNHKラジオで放送されたラジオ深夜便「小津安二郎と私」をご拝聴くださった皆様。放送後様々なお問い合わせをHPにいただき、そのアクセス数の多さにお母さんはトロントからびっくりして連絡をしてきました。
放送時間は明け方の4時だったにもかかわらず、こんなにたくさんの方からの反響があるとは・・・・・・。
HPにたくさんの問い合わせをいただいた9月の音語り北鎌倉円覚寺における「晩春」の公演に関しては、トップページに詳細をアップしましたので、どうぞごらんください。
小津安二郎さんの眠る北鎌倉・円覚寺で、まさにこの円覚寺のある鎌倉が舞台となっている映画「晩春」の音語りの上演です。

皆様のご来場をお待ちしています。

ということで、トロントにいるお母さんからはまたいずれトロント便りが届くと思います。
最後に、再度、私の勇姿を背中方向からごらんください!