« 2008年06月 | メイン | 2008年09月 »

2008年07月 アーカイブ

さよならバンクーバー

2008年07月29日 (火)

大姉ちゃんの卒業式に行ったとき、お母さんはバンクーバーでどうしても一度見てみたかった花を見にバンドューセンガーデンという植物園に行ってきたんだそうです。
これはルバーナムという木で、黄色い花が咲いています。

別名「ゴールデンチェインツリー」と言われているこの木。黄色いチェイン(鎖)型の花が咲き、植物園の一角がこの黄色いで埋め尽くされるのです。
5月終わりから6月の初旬が見頃でお母さんたちが訪れたころ中旬はもう見頃をすぎてはいたのですが、この3年の間ずっと見たくても見ることが出来なかったこの花を見られてお母さんは大満足。
「昔は花なんか興味もなかったのに・・・やっぱり年をとったのかしらん?」とお母さん。
見頃のころはもっともっときれいだよね!

高校卒業と同時にバンクーバーを去る大姉ちゃん。
お母さんは、大姉ちゃんのステイ先のお父さんとお母さんに最後にこんなプレゼントをしました。
字手紙です。
お父さんには「父」ーあたたかい大地のぬくもり
お母さんには「「母」ー笑顔は家族のたからもの
遠く離れた日本で暮らすお父さんとお母さんにとってカメロンとスーザン夫妻は大姉ちゃんを預かってくれるまさに「カナダの父母」。
息子3人の彼らにとって大姉ちゃんはまさに「娘」。かわいがってもらいすてきな生活をすることができました。

そして私のお友達のタル!
タルともお別れです。お母さんは「ジャスミン、お母さんね、タルといっぱいハグをしてきたよ」と教えてくれました。

そして最後のバンクーバー滞在での一番のイベントはこれ!
そうです、スーザンにお母さんが着物を着付けてあげたのです。
お母さんが卒業式に着た着物を、スーザンに着せて写真を撮りました。
それにしてもこんなに着物がカナダ人もそういない?!
ショートカットとといい、スーザンの体型といい、和装にぴったり!

本当に長い間お世話になりました。
これからもずっとずっっとKeep in touch with us!