「じんじん」 公開中

2013年07月22日 (月)

お母さんがなんと28年ぶりに映画にでました!
本人、えーーーそんなにやってなかった?
正直いってこの年月に一番びっくりしているのは本人みたいです。
「じんじん」という映画です。
そう、あれは昨年の2月のこと。俳優の大地康雄さんが突然、お母さんたちの「大人と子供のための読みきかせの会」の公演に来られました。
大地さんと面識のなかったお母さんはびっくり。
その場で大地さんから手渡されたもの映画「じんじん」の企画書でした。
「中井さんに是非この映画に出演いただきたい」大地さん直々からのこんなオファーをいただいたのです。
離ればなれになった父と娘の心の絆を描いた物語はお母さんの心をぐっと捕らえ、大地さんのこの映画にかける熱い思いがお母さんを後押しし、この映画に参加することを決心したのでそうです。

撮影は昨年の6月、北海道の剣淵というところで行われました。
大地さん演じる主人公銀三郎の幼なじみ庄太(佐藤B作さん)の妻・聡子がお母さんです。
この庄太夫妻にはモデルとなっているご夫妻が実際に剣淵にいらっしゃいます。
高橋さんご夫妻です。


この剣淵町は人口3700人の農業の町。この町が10数年前に「絵本」で町おこしをしたのです。
町の真ん中に君臨する絵本の館がこれ。
なんと四万冊以上の蔵書を誇るとてもすてきな絵本図書館です。

ここで毎日のあたり前のことのように行われているのが「読み聞かせ」。
農作業の合間に、お役所勤めの合間に、大人が代わる代わるここで子供たちに読み聞かせをしているのです。
この町を訪れた大地さんが是非この町を題材にした映画を作りたいと思いこの「じんじん」ができました。

これは撮影風景。本当に広い広い田畑がひろがる剣淵。映画にも雄大なる北海道の自然があふれています。お母さんは久しぶりの映画の現場でとまどうことが多いかなぁとちょっと心配だったようですが、その制作現場は昔と何一つ変わらずとても自然に撮影に参加できたようです。

この作品はこれから何年かかけて全国の映画館のない市町村も巡回していく「スローシネマ」という公開方式をとるのだそうです。


映画『じんじん』
シネマート新宿にて7月13日(土)より上映中!

有楽町スバル座にて7月27日(土)よりモーニングショー(10:30〜)スタート!

*各地の詳しい上演日程や上映場所については、『じんじん』オフィシャルサイトをご覧下さい。
『じんじん』オフィシャルサイト
 http://www.jinjin-movie.com/


東京は、いつ見るの?今でしょ!のタイミングです。